2013年仙台管区気象台発表予報

7月26日発表1ヶ月予報


 本情報は仙台管区気象台発表の1ヶ月予報内容をお知らせします.

○7月26日発表 1ヶ月予報(7月27日から8月26日までの天候見通し)
<特に注意を要する事項>
 期間のはじめは、降水量が多く日照時間が少ない状態が続くでしょう。また、東北太平洋側では期間のはじめは、気温がかなり低くなる可能性があります。

<予想される向こう1か月の天候>
 向こう1か月の出現の可能性が最も大きい天候と、特徴のある気温、降水量等の確率は以下のとおりです。
 期間のはじめは、平年に比べ曇りや雨の日が多いでしょう。その後は、平年に比べ晴れの日が多い見込みです。
 向こう1か月の平均気温は、東北日本海側で平年並または高い確率ともに40%です。日照時間は、東北日本海側で平年並または多い確率ともに40%です。
 週別の気温は、1週目は、東北日本海側で平年並または低い確率ともに40%、東北太平洋側で低い確率60%です。2週目は、平年並または高い確率ともに40%です。3〜4週目は、平年並または高い確率ともに40%です。

<向こう1か月の気温、降水量、日照時間の各階級の確率(%)>
【気  温】東北日本海側
【気  温】東北太平洋側
【降 水 量】東北日本海側
【降 水 量】東北太平洋側
【日照時間】東北日本海側
【日照時間】東北太平洋側
凡例:低い(少ない)平年並高い(多い)
<気温経過の各階級の確率(%)>
1週目東北日本海側
1週目東北太平洋側
2週目東北地方
3〜4週目東北地方
凡例:低い平年並高い

1.可能性の大きな天候の特徴
向こう1か月:7月27日(土)〜8月26日(月)
 期間のはじめは、平年に比べ曇りや雨の日が多く、降水量が多く日照時間が少ない状態が続くでしょう。東北太平洋側では気温がかなり低くなる可能性があります。その後は、平年に比べ晴れの日が多い見込みです。
 向こう1か月の平均気温は、東北日本海側で平年並または高い確率ともに40%です。日照時間は、東北日本海側で平年並または多い確率ともに40%です。

1週目:7月27日(土)〜8月2日(金)
 気圧の谷や湿った気流の影響で曇りや雨の日が多いですが、期間の終わりは、東北日本海側では晴れる所があるでしょう。
 気温は、東北日本海側で平年並または低い確率ともに40%、東北太平洋側で低い確率60%です。

2週目:8月3日(土)〜8月9日(金)
 太平洋高気圧に覆われ、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。
 気温は、平年並または高い確率ともに40%です。

3〜4週目:8月10日(土)〜8月23日(金)
 太平洋高気圧に覆われ、平年に比べ晴れの日が多いでしょう。
 気温は、平年並または高い確率ともに40%です。

2.東北地方の地域平均気温平年差の実況と数値予報による予測
 地域平均気温平年差の予測資料では、週別の平均気温は、1週目は平年を下回り、2週目、3〜4週目は平年を上回る予想となっている。

東北地方地域平均気温平年差の実況と予測結果

3.月平均と1,2週目の上空の大気の流れの予想(500hPa 予想天気図)
1か月平均:台湾の南で負偏差、西日本付近で正偏差、日本の東で負偏差となる。日本付近は太平洋高気圧に覆われやすいが、一時気圧の谷の影響を受ける。気温は東北日本海側で高い傾向の見込み。

1週目:東シナ海で正偏差、日本付近で負偏差、オホーツク海で正偏差となる。太平洋高気圧の日本付近への張り出しは弱い。気圧の谷やオホーツク海高気圧の影響を受け、東北地方は太平洋側を中心に曇りや雨の日が多く、気温は低い見込み。

2週目:東シナ海で正偏差、北日本から日本の東で負偏差となる。日本付近は、気圧の谷が東へ移り、西日本中心に太平洋高気圧に覆われる。東北地方は晴れの日が多くなり、気温は高い傾向だが、期間のはじめは気圧の谷の影響を受ける見込み。

4.最近1週間(7月19日〜7月25日)の天候の経過
 この期間、はじめは高気圧に覆われて晴れたが、前線や気圧の谷の影響で曇りや雨の日が多かった。オホーツク海高気圧からの冷たく湿った東よりの風の影響で、気温は東北太平洋側で低かった。前線が停滞し、22 日から23 日にかけては東北南部を中心に大雨となり、山形県では22 日に日降水量が100mm を超えた所があった。同じく前線の影響で、24 日は福島県で、25 日は秋田県、岩手県、山形県で大雨となった所があった。
 平均気温は東北日本海側で平年並、東北太平洋側で低い。降水量は東北北部で平年並、東北南部で多い。日照時間は少ない。

 気温偏差(℃)降水量(%)日照時間(%)
東北全域-1.6135 62
日本海側-0.8155 72
太平洋側-2.2121 55
東北北部-1.6116 63
東北南部-1.6152 60
 
GotoHome Prev Next Return Opinion
reigai@ml.affrc.go.jp